この記事は約 2 分で読めます ( 約 754 文字 )

ビーグレンのブライアン・ケラー博士は元々、皮膚の奥にある癌や経皮の吸収技術を研究していた、アメリカ医療業界の第一人者!

 

ただひたすら、ちっこい何かをじーーーっと見つめてるオジサンではありませんでした(;^_^A アセアセ・・・ごめんなさい・・ごめんなさい

 

本当は凄く偉い方で、浸透テクノロジーを使った技術で薬をどうすれば効果的に癌細胞まで届ける事が出来るのか?毎日コツコツ研究していた薬学博士だったんです。

 

ずっと目指していたのは、
「必要なところに、必要なだけ成分を届ける夢のような物質を作る事」
※浸透技術のかなめとなる、Qusomeカプセルはビーグレン独自の技術です。
※ビーグレンのナノカプセルはナノサイズで、直径70~150ナノメートル 針先に約50個収まるぐらいの大きさなんだとか

 

薬学博士だから、コレ美容に使ったらもっと肌に良い化粧品作れるんじゃない?と言う感じで、はたと閃いたのかも知れません。→これを、ドラッグデリバリーシステムという・・・

ブライアン・ケラー博士の浸透技術

 

ブライアン・ケラー博士がテクニカルコンセプトについて熱く語ってる動画が公式にあります。
ビーグレンのテクニカルコンセプト QuSomeについて (1分55秒)の動画
百聞は一見にしかずです。熱い思い・・わたしには届きましたよーヾ(๑╹◡╹)ノ”
>>ビーグレン 浸透テクノロジー(QuSome)について【ケラー博士の動画あり】

肌の奥にちゃんと肌に良い有効成分が届かないと駄目なんです!
成分が壊れない・安定した状態で届かないと駄目なんです!

 

超微小カプセルにスキンケアの成分を変質させる事なく、まるっと包んで角層の奥まで届ける事が出来たから、ビーグレンは技術で勝負!という感じで広告をはじめたんだね~♪

 

だからモデルさんとか芸能人使わないで、ケラー博士で広告だしてるんだ。納得!